<< インド人シリーズ | main | 飛行機 >>
2012.05.07 Monday

オーロビル

タミルナドゥ州チェンナイよりバスで3時間、130キロほど離れたポンディチェリーという街にオーロヴィルという村があります。そこは国境や人種を超えて共に助け合って暮らす理想のコミュニティ。
40カ国の国から1800人程が暮らし、4分の3が外国人だそうです。

お友達の由実ちゃんは去年からそこで暮らしています。
という訳でシフォンと一緒に1泊2日で行ってきました。
彼女がお世話になっているフランス人のジルさんちに私達もお世話になりました。



とても風通しのいいステキなお家で居心地よかった。庭にはカシューナッツやジャックフルーツの木、由実ちゃんが育てている作物などがあって、何やら楽しそう。


木に生っている実を棒に引っ掛けて収穫(^-^)/

自然がいっぱい、動物もいっぱい。
聞いたことない鳴き声がするー???と思ったら孔雀、ピーコックだって。



そしたら彼らは朝早くから人ん家のベランダから向こうの家やあっちの家のベランダいる仲間達(?ライバル?)に向かって羽根の見せ合い。


ゆっくり回転しながら見せます

激しく鳴くもんだからすっかり目が覚め、しかし美しい羽根にうっとり。
孔雀って、飛ぶんだね。知ってた?あんな長い羽根ついてるのに、飛ぶ姿もウツクシイ(ちょっと重そうだけど)σ(^_^;)



朝食の後はMatrimandirという瞑想ホールへ。
金のゴルフボールみたいな建築物ですが、それはそれはビックリすばらしいモダンアーキテクト。
近づいてみると建物はまるで宙に浮いているみたい。エントランスから中に入る過程は宇宙船に乗るよう。

残念ながらカメラ持ち込み禁止(T_T)

中に入るとらせん状に通路があって上へ向かってぐるり歩いて行きます。いよいよ瞑想ホールに入ると総大理石の真っ白い円型の幻想的空間。天井には太陽光が射し込む穴が開いていてそこから直径70cm!の水晶球(世界一大きい?!)を照らしています。
そこでしばらく瞑想をし、外へ。金のゴルフボールの下側へいくとお椀状にサハスララチャクラの花弁を思わせる大理石のモニュメントが。
40年前に建設を始めたというから、この壮大で奇想天外かつモダンアートなコンセプトにはたまたビックリ。
世界珍建築、世界遺産にも登録されてもいいんじゃないかと私は思います♪(´ε` )あー、いい瞑想体験をした。由実ちゃん、ジルさんありがとうございました。

一見、悪趣味かとも思えるが…驚きの激空間!(´Д` )


次のお楽しみはヴィレッジ内のビジターセンターにてお買い物、オーロヴィリアン達が制作した製品がたーくさん。
アロマグッズやら服やらアクセサリー、オーガニック食材等々、魅力的な物ばかり。チェンナイにも支店があって大変な人気みたい。


花のシロップを購入。美味しいジュースができます(^з^)-☆


巣ごと自転車で売る蜂蜜屋。迫力!

平和で穏やかで無国籍のオーロヴィル、次の機会にもまた訪ねてみたいです。


ポンディ市街のチベット土産屋では、狭いベランダを利用してカフェに。グッドアイデア!


さて、今夜はデリーに飛びます。いよいよ明後日日本へ帰国…(^O^☆♪
2019.08.29 Thursday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM